アンジェラ・ダックワース: 成功のカギは、やり抜く力

Angela Lee Duckworth The key to success_:grit  【6】 英和
アンジェラ・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」


IQ: intelligence quotient  知能指数


・明けても暮れてもの day-in-day-out のやる気が成功の秘訣です。

◇                    ◆                    ◇

When I was 27 years old, I left a very demanding job in management consulting for a job that was even more demanding: teaching. I went to teach seventh graders math in the New York City public schools. And like any teacher, I made quizzes and tests. I gave out homework assignments. When the work came back, I calculated grades.

What struck me was that I.Q. was not the only difference between my best and my worst students. Some of my strongest performers did not have stratospheric I.Q. scores. Some of my smartest kids weren't doing so well.

And that got me thinking. The kinds of things you need to learn in seventh grade math, sure, they're hard: ratios, decimals, the area of a parallelogram. But these concepts are not impossible, and I was firmly convinced that every one of my students could learn the material if they worked hard and long enough.

After several more years of teaching, I came to the conclusion that what we need in education is a much better understanding of students and learning from a motivational perspective, from a psychological perspective. In education, the one thing we know how to measure best is I.Q., but what if doing well in school and in life depends on much more than your ability to learn quickly and easily?

So I left the classroom, and I went to graduate school to become a psychologist. I started studying kids and adults in all kinds of super challenging settings, and in every study my question was, who is successful here and why? My research team and I went to West Point Military Academy. We tried to predict which cadets would stay in military training and which would drop out. We went to the National Spelling Bee and tried to predict which children would advance farthest in competition. We studied rookie teachers working in really tough neighborhoods, asking which teachers are still going to be here in teaching by the end of the school year, and of those, who will be the most effective at improving learning outcomes for their students? We partnered with private companies, asking, which of these salespeople is going to keep their jobs? And who's going to earn the most money? In all those very different contexts, one characteristic emerged as a significant predictor of success. And it wasn't social intelligence. It wasn't good looks, physical health, and it wasn't I.Q. It was grit.

Grit is passion and perseverance for very long-term goals. Grit is having stamina. Grit is sticking with your future, day in, day out, not just for the week, not just for the month, but for years, and working really hard to make that future a reality. Grit is living life like it's a marathon, not a sprint.

A few years ago, I started studying grit in the Chicago public schools. I asked thousands of high school juniors to take grit questionnaires, and then waited around more than a year to see who would graduate. Turns out that grittier kids were significantly more likely to graduate, even when I matched them on every characteristic I could measure, things like family income, standardized achievement test scores, even how safe kids felt when they were at school. So it's not just at West Point or the National Spelling Bee that grit matters. It's also in school, especially for kids at risk for dropping out. To me, the most shocking thing about grit is how little we know, how little science knows, about building it. Every day, parents and teachers ask me, "How do I build grit in kids? What do I do to teach kids a solid work ethic? How do I keep them motivated for the long run?" The honest answer is, I don't know. (Laughter) What I do know is that talent doesn't make you gritty. Our data show very clearly that there are many talented individuals who simply do not follow through on their commitments. In fact, in our data, grit is usually unrelated or even inversely related to measures of talent.

So far, the best idea I've heard about building grit in kids is something called "growth mindset." This is an idea developed at Stanford University by Carol Dweck, and it is the belief that the ability to learn is not fixed, that it can change with your effort. Dr. Dweck has shown that when kids read and learn about the brain and how it changes and grows in response to challenge, they're much more likely to persevere when they fail, because they don't believe that failure is a permanent condition.

So growth mindset is a great idea for building grit. But we need more. And that's where I'm going to end my remarks, because that's where we are. That's the work that stands before us. We need to take our best ideas, our strongest intuitions, and we need to test them. We need to measure whether we've been successful, and we have to be willing to fail, to be wrong, to start over again with lessons learned.

In other words, we need to be gritty about getting our kids grittier.

Thank you.


27歳のとき 私は 経営コンサルの とてもきつい仕事を辞めて もっときつい仕事につきました。

ニューヨークの公立中学校で 1年生に数学を教えました
先生らしく 小テストや試験を作って 宿題を出しました
答案が戻ってくれば 成績をつけました

衝撃を受けたのは IQだけが 優等生と 劣等生の違いではない ということです。

成績がとてもよかった生徒でも それほど高いIQではない子もいたのです 
頭がすごくよく子も 成績の良くない子もいました。

そこで 私は考えたのです。

中学1年の数学で習うことは 確かに 難しい
割合 小数― 平行四辺形の面積
でも こうした概念の習得は 不可能なことではありません
そこで 私は確信しました どの生徒も― 十分な時間をかけて 一生懸命 勉強すれば 習得できるのです

数年の教師生活を経て 私は ある結論にたどり着きました。

教育で必要なのは 動機付け
心理学の観点から 生徒や学習について もっとよく理解することなのです
教育において 私たちが 唯一 よく知っているモノサシは IQです
でも もし学校や人生でうまくやれるかが すぐに簡単に学習する能力以外に かかっているとしたら どうでしょうか?

だから 私は教壇を下りて 大学院に行き 心理学者になりました。

様々な 超挑戦的な環境に置かれた 子どもや大人についての 研究を始めました
どの研究でも 考えていたのは 誰が成功し それはなぜか? 私たち 研究チームは ウエストポイント陸軍士官学校に行き どの士官候補生が 陸軍訓練に残り 誰が中退するか 予想しようとしました

全国スペリング・コンテストでは どの子どもが 競争でより勝ち残るか 予想しようとしました。 

教育困難な地区で働く 新米教師を調べて どの教師が 学年が終わるまで 教えるのを続けていて そのうち 誰が 生徒の学習成果をあげるのに 最も成功するか 考えました 
どの販売員が仕事を続け そして 誰が一番お金を稼ぐか 

こうした様々な状況において ある一つの特徴が大きく 成功を左右していました。 

それは 社会的知性ではありません 
ルックスでも 身体的健康でも IQでもありませんでした 

やり抜く力とは 超長期目標に向けた 情熱や忍耐力で スタミナがあることでもあります。 

やり抜く力は 明けても暮れても 自らの将来にこだわることです 
その週だけとか その月だけではなく 何年もの間 一生懸命に取組み その夢を 実現することです 
やり抜く力は 短距離走ではなく マラソンを走るように生きることです

数年前 シカゴの公立学校で やり抜く力の研究を始めました。 

何千人もの高校2年生に やり抜く力に関するアンケートをして 1年間以上待って 誰が卒業するか見ました 
結果 やり抜く力が高い方が より卒業にたどり着いていました 
それは 様々な数値指標を同じにして 比較したとしてもです 
家族の収入や 標準学力試験の成績 学校でどれだけ安全に感じているかが 同じでもです 

やり抜く力が重要だったのは 陸軍士官学校や 全国スペリング・コンテストだけでなく 学校でもです。 

私にとって やり抜く力について 最もショックだったのは やり抜く力を育てることについて 私たちも 科学も ほとんど知らないことです 
毎日 親御さんや先生に聞かれます
 「子どものやり抜く力を どう育てるか? 
どうやって 長い間 モチベーションを保たせさせるか?」 

正直なところ 分かりません(笑)。 

分かっているのは 才能と やり抜く力は違うことです 
私たちのデータが はっきり示す通り 才能があっても 純粋に 最後まで決めた事を やり抜けない人たちが たくさんいます 
事実 データによれば やり抜く力は 才能の高さとは 通常関係ない むしろ 反比例さえするのです

これまで聞いた中で 子どものやり抜く力を育てるのに― 一番よいのは 「成長思考」と呼ばれるものです。 

スタンフォード大学のキャロル・ドウェックが 見出したもので 成功思考とは― 学習する能力は固定しておらず 努力によって変えられる と信じることです 
ドウェック博士が示したのは 子どもたちが 脳の機能や 課題に対する― 脳の変化、成長について 学ぶと 失敗したときに より辛抱できるようになることです 
失敗は永続的な状態でないと 信じているからです

ですから 成長思考は やり抜く力を育てるのに とても良いのです。 

でも それだけでは足りません 
私が言えるのは そこまでです 
私たちは まだその段階で そこからは 今から取り組む仕事なのです 
最高のアイデア 最強の直感を使って それを試してみないといけません 
私たちが成功しているのか知り 失敗し 間違い そして そこから学んだことで 一から やり直さないといけないのです

つまり 子どもたちの やり抜く力を高めるため 私たち自身が やり抜かないといけないんです。