2019/08/31

【武蔵観研通信】267号:2019年8月31日

【武蔵観研通信】267号:2019年8月31日
・・・・・・・・・・
★ 川越、埼玉
埼玉県知事選挙  大野元裕氏が初当選 野党4党が支援
大野を野党4党が支援。元参議院議員で政治のプロ、川口市生まれ。
青島は自民党と公明党推薦。政治のアマ、新潟県出身で、知事には敷居が高かった。
❖ 埼玉県庁  ❖ 川越市役所新着  動画 議会3、6、9、12月
・・・・・・・・・・・


★ 人物など 
川越藩主は庄内藩主へ。庄内藩主は長岡藩主へ。長岡藩主は川越藩主へ。


秩父宮 勢津子は会津と朝廷のかけ橋


「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」


「急がずば  ぬれざらましを  旅人の あとより晴るる  野路の村雨」


「米百俵の精神で未来をつくる」


3代家光から「右手は酒井忠勝、左手は松平信綱」と頼りにされました。


「ユーモアのない一日は、極めて寂しい一日である」


・・・・・・・・・・・


★  国際情勢:    世界地図   >朝鮮半島  タイ ローマ帝国   w/map




混乱のイタリア政界
コンテConte首相。学者で実務能力なし。
サルビーニ Salvini:同盟 Northern League。極右
ディマイオ Dimaio:五つ星運動 Five-star movement 。大衆迎合主義の左派
最初からまとまらないとわかっていました。これからも無理。




 ・・・・・・・・・・
 ★  日本情勢・ 日本史  他 日本地図
〇 俳句
AIの研究を推進する上で俳句がよい題材になる深い理由  川村秀憲
俳句の善しあしは人間の中にしか正解がない。俳句はAIにとっていい研究題材
座右の銘 (motto)  桑原政則の場合
 ・・・・・・・・・・


スケジュール
◇ 2019年   令和元年年 亥年 
9月20日~11月2日    ラグビーW杯
8月28日~30日  アフリカ開発会議。(アフリカ開発会議)横浜  
10月 消費税10%  !!???
10月22日    即位礼正殿の儀。大嘗祭(だいじょうさい。新天皇の最大の儀式)
◇ 2020年:  令和2年 丑(うし)年   
7月22日~8月9日  東京オリンピック・パラリンピック
11月3日    アメリカ大統領選

混乱のイタリア政界。2019年 【メモ】

混乱のイタリア政界。2019年  【メモ】
イタリア共和国地図
/  MFA
Ministry of Foreign Affairs


  • コンテConte首相。学者、実務能力なし。
  • サルビーニ Salvini:同盟 Northern League。極右。
  • ディマイオ Dimaio:五つ星運動 Five-star movement 。大衆迎合主義の左派

半島の付け根のアルプス山脈が外敵の侵入を防ぎました。
山がちで長く都市国家が分立していたことから、国家としてまとまる必要が無く、伝統的に地方分権を求める政治意識が強いです。

北部の「同盟」は豊かな地域。
ミラノ、トリノ、ジェノバの北イタリア三角地帯。
技術革新で先んじ仏独に近い。


五つ星運動の地盤は南部シチリア島。ブーツのつま先。
左派色の大衆迎合主義。貧しい南イタリア。

2019/08/30

本川越駅の商店街史

本川越駅の商店街史 

1951年  丸広川越店オープン
1965年  西町通り商店街オープン。→新富町商店街とサンロード商店街に
1967年  イトーヨーカ堂川越店オープン
1991年  本川越駅ぺぺ オープン
1997年  クレアモール(新富町+サンロード)オープン
2019年  イトーヨーカ堂川越店 秋オープン

「三方領地替え」で長岡藩主は川越へ移る予定だった

「三方領地替え」で長岡藩主は川越へ移る予定だった
三方領地替え   /2019/08/30  桑原政則
川越藩主・松平斉典(なりつね)は、川越藩から裕福な庄内藩への移封を画策します。
川越藩松平家は200億円もの債務をかかえ、財政破綻状態でした。

大名は、知事のようなもので、土地持ちではありません。

川越藩主・松平斉典(なりつね)の画策で、
1840年、雄藩の
山形・庄内藩、
武蔵・川越藩、
越後・長岡藩へ
三方領地替えの幕命が出されます。

   ・ 庄内藩主・酒井忠器(ただかた)は、越後長岡藩へ
   ・ 長岡藩主・牧野忠雅(ただまさ)は、川越藩へ
   ・ 川越藩主・松平斉典(なりつね)は、庄内藩へ
移ることになります。

この領地替えの幕命に、庄内藩の農民たちは、大反対します。
川越藩主の税の取り立てはきびしく、餓死者続出のうわさが広まります。
農民は江戸にのぼり、命がけの反抗で、幕府に強訴(ごうそ)します。
農民の訴えは江戸の世論をわかせました。


この間、11代将軍徳川家斉(いえなり、55人の子持ち)が死去(1841/2/27)します。

しかし、農民たちの命がけの運動は続きました。

世にいう 三方領地替え(さんぽう りょうちがえ)の幕命はすんでのところで、撤回(1841/7)となりました。


【※】川越藩主・松平斉典(なりつね)の墓は川越の喜多院にあります。

【参照】
藤沢周平『義民が駆ける』
中村彰彦『北風の軍師たち』 
国立歴史民俗博物館『地鳴り 山鳴り』
黒須繁『武蔵野』351、352

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1138475751




・・・・・・・・・・・

旧稿
https://kuwabara03.blogspot.com/2014/10/blog-post_6.html

2019/08/21

貸借対照表 2019年度




31 3 31


 NPO 法人

科   目
金額   額     
現金 普通預金 郵貯銀行













0
0
502,584





0









502,584






















502,584









0





0






0






0





0














0



430,210
72,374





502,584
502,584



島崎藤村。詩集『若菜集』、長編小説『破戒』。川越。Tōson Shimazaki。8月22日没

島崎藤村。詩集『若菜集』、長編小説『破戒』。川越。Tōson Shimazaki。8月22日没

1872年3月25日。長野県~ 
 1943年8月22日没

島崎藤村は、詩人、小説家です。岐阜中津川市の本陣(大名が泊まった宿舎)を兼ねる旧家に生まれました。

1897(明治30)年、詩集『若菜集』で近代詩の扉を開きました。1906年に長編小説『破戒』により自然主義の文学の第一歩を記しました。
他に、『夜明け前』、『千曲ちくま川のスケッチ』も有名です。

島崎藤村は、川越にも関係があります。

島崎藤村の妻・静子は川越出身でした。
藤村は、静子の母・加藤みきから、茶道を習っていました。

『夜明け前』の主人公「青山半蔵」の生まれは川越です。
藤村は、割烹旅館・佐久間で、原稿を執筆したりしました。


川越の中院案内   
    島崎藤村ゆかりの茶室について 

  不染亭(ふせんてい)は島崎藤村が義母に贈った茶室で、川越の文化財となっています。

青空文庫で無料で読むことができます。
『若菜集』
『破戒』
『夜明け前』


若菜集 【2+】
椰子の実 【3+】  歌詞  
    親友の柳田國男が、藤村に椰子の実の漂泊の旅を話し伝えました。

朗読 破戒 【18+】

【名言】

「ユーモアのない一日は、極めて寂しい一日である」

島崎藤村の記念館