2017/05/04

葛飾(かつしか)北斎。富嶽(ふがく)三十六景で有名な世界の画人。Katsushika Hokusai。5月10日没

葛飾(かつしか)北斎。富嶽(ふがく)三十六景で有名な世界の画人。Katsushika Hokusai。5月10日没

富嶽(ふがく)三十六景
神奈川沖 浪裏(かながわおき なみうら)
  /wp
・1760.9.23 - 1849年5月10日。90歳

葛飾(かつしか)北斎は、江戸が生んだ世界の絵師です。

『ライフ』の「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインしました。

北斎は、ゴッホ、モネ、ドガに大きな影響を与えました。

70歳を越えて、代表作「富嶽(ふがく)三十六景」を描きました。  
 【※】富嶽(ふがく):富士山の別名。

数え90歳の死ぬ間際には「もう10年命があればなあ」、本物の絵描きになれるのに…、と絵に挑戦し続けました。

北斎は生涯に30回改号しました。
93回転居しました。一日に3回引っ越したことも。


名言
「思えば七十歳以前に描いたものはみな、取るに足らないものだった」


北斎館
長野県の小布施(おぶせ)町。4年間ほど江戸と行き来をしました。
    *天井画をお見逃しなく。

すみだ北斎美術館
2016年に葛飾北斎の生誕地・亀沢に誕生した美術館。公園と一体で、左右に分かれた奇抜な4階建ての美術館。

葛飾北斎 Google Arts & Culture

0 件のコメント: