2013/12/12

四苦八苦は、除夜の鐘でとりのぞく

四苦八苦の、
「四苦」とは生老病死(しょうろうびょうし)のことです。

「八苦」は、生老病死+愛別離苦(あいべつりく)などのことです。

「苦」とは、思うようにならないことをいいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間には、108の煩悩(ぼんのう=悩みや苦しみ)があるといわれています。

除夜の鐘をついて、その年の108の煩悩を取りはらいます。

仏教では、わかりやすいように、
四苦=36、八苦=72で、計108の煩悩としました。

※日本語の語呂合わせですから、他国には通じません。

四苦八苦 Google

0 件のコメント: