2010/05/05

江野楳雪(えのばいせつ) 

東松山市 菩提寺である曹源寺には「涅槃図」「十界図」などの本格仏画
竜ヶ崎市 金龍寺
鴻巣市 法要寺 大天井画
八 王子市 観栖寺 かんせいじ
川島町 伊草神社
坂戸市 林家
入間市蓮華院の大天井画

 ----------
1826年に全長18メートルの長巻「川越氷川祭礼絵巻」(埼玉県指定文化財)などを描いた絵師江野楳雪(えのばいせつ)が注目されています。
楳雪の画集『江野楳雪・梅青ー丹青なる画の世界』(東京美術、2007年)を発刊したのは子孫の江野祐一郎、千枝子さん。

楳雪は、1812年、東松山生まれ。壮年期には川越に居を構え、寺社、旧家に多くの仏画、山水画、花鳥画、肖像画、祭礼画などを描きました。それらの絵は、掛軸、襖絵、板絵、天井画となって残されています。
リズム感のある画風が特長で、狩野派の流れをくむと言われています。

菩提寺の東松山市曹源寺の「涅槃図」「十界図」は本格仏画です。
楳雪がお世話になっ た川越の広済寺にも「十六羅漢図」をはじめ、多くの作品が残されています。
鴻巣市の法要寺、入間市蓮華院の 「大天井画」は見るものを圧倒します。

ベルツ水で有名なドイツ人のベルツ東大教授は、絵画のコレクターとしても知られていました。
1901年帰国の際には、江野楳雪の絵も持ち帰りました。
その絵は、シュツトガル トのリンデン博物館に収蔵されています。


今日確認される遺作の数倍にもあたる作品が存在した可能性が考えられています。

川越の広済寺にも多くの作品が残されています。


養子楳青の越辺川の洪水の図は、国立民俗館主催フォーラムの表紙も飾りました。

川越氷川祭礼絵巻(県指定文化財)