2011/10/12

江(ごう、1573―1626、53歳)

― まわりに6将軍と天皇が ―

信長の妹・市(いち)が、江(ごう)の母です。
浅井(あざい)長政が父です。

江(ごう)は、浅井三姉妹の末っ子です。

浅井長政は信長によりほろぼされます。

市、浅井三姉妹は、織田信長に養われます。

母・市は信長の重臣・柴田勝家に再嫁します。
柴田勝家は豊臣秀吉に攻められて、市は勝家とともに自害します。

2度の落城で、浅井三姉妹は父、母をなくします。
権力者たちの意のままの結婚、人生を歩むことになります。

江(ごう)は、最初の夫とは夫が反秀吉陣営についたため、
豊臣秀吉により強制離縁させられました。

2番目の夫は豊臣秀吉の養子の豊臣秀勝で、戦死します。

3番目の夫が2代将軍・徳川秀忠(1579-1632、53歳)です。
江(ごう)より6歳年下です。
7人の子をもうけます。

江の子・3代将軍・家光には、4人の将軍と天皇が誕生します。

江(ごう)の系統には6将軍と天皇が
江(ごう)の家系、人物相関図

江(ごう)~姫たちの戦国 NHK
*     *     *

江(ごう)は、お江、崇源院、と記されることもあります。
*     *     *

3代将軍・徳川家光は、江(ごう)の子です。

川越の喜多院には、徳川家光の誕生の間があります。
川越大火で喜多院が焼けた時、徳川家光が天海僧正をおもんばかって、
江戸城より移築したもので、江戸城唯一の遺構です。

川越人は家光びいきです。

 <*  川越をめぐると、自然に江戸を身近に感じるようになります。>