2014/01/05

黒田官兵衛:秀吉の軍師で、情報戦争の先駆者

歴史秘話 ヒストリア 【 軍師 官兵衛 】  #1 【14+】

歴史秘話 ヒストリア 【 軍師 官兵衛 】   #2  【14+】

歴史秘話 ヒストリア 【 軍師 官兵衛 】  #3 【9+】

姫路城周辺城郭マップ

*黒田官兵衛は、御師(おし、寺社の世話係)などを使った各地の情報収集にひいでていました。
クリスチャン(如水←ヨシュア、Josue)であったことも、情報収集に役立ったようです。
高松城水攻めと中国大返しは、黒田官兵衛の案だとの説も。
黒田官兵衛
黒田官兵衛 如水 1548- 1604年、56歳、播磨国出身


30歳のころ、織田信長に取り入り、播磨平定に尽力しました。

荒木村重に捕らえられ、11ヶ月間幽閉されました。
足が不自由になり、その後は輿で移動するようになリました。

中国征討では羽柴秀吉の専属参謀となり、手腕を発揮しました。
秀吉の天下統一への指針を決定づけました。

秀吉の軍師であった竹中半兵衛と仲が良く、両兵衛と称えられました。

1600年に関ヶ原の戦いでは、大規模な軍勢を組織しようとしました。

主君を裏切ったことは一度もありません。

築城の名手で、中津城や福岡城、大坂城、広島城などに関わりました。

息子は黒田長政です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黒田官兵衛【8+】 松本人志のめっちゃ、ええ~話術

軍師 官兵衛 NHK

姫路から天下に翔けた男、稀代の軍師 黒田 官兵衛(前編)  【14+】  (後編)  【14+】









0 件のコメント: