2012/02/13

タイの仏像はシャカだけ

釈迦像のみ
タイ中部スコータイの仏像

シャカは紀元前5世紀頃に生まれました。
シャカの教え、仏教は、スリランカを経て、ミャンマー、タイ、ラオスに広まりました。

これらの国では、シャカの教えに忠実に従っています。

仏教の教えに忠実なこれらの上座部仏教国では、仏像といえばシャカの像だけをさします。

シャカ生誕500年後、
    紀元前後に密教などと習合した仏教・大乗仏教
が生まれました。
釈迦以外の仏像もここから生まれました。

大乗仏教は、中央アジアをへて、中国、チベット、日本などに伝わりました。

日本には、シャカ生誕後1000年以上もたった538年に伝わりました。

日本仏教は、シャカの仏教からは、大きな変身をとげています。

小乗仏教国から見れば、大乗仏教は仏教ではなく、異教、別の宗教です。

そうとらえたほうが、おたがいに、誤解がありません。

(※)src:http://nobuyasu.blog72.fc2.com/blog-date-200706.html
(※)src:http://blog-imgs-22.fc2.com/n/o/b/nobuyasu/tai15d.jpg