2012/04/18

コンピュータの父はユダヤ人のノイマン

コンピュータの父ノイマン
ユダヤ民族はBC17世紀にエジプトに移住しますが、この地で400年間国家奴隷となります。

 BC1280年頃、モーセに率いられて、エジプトを脱出します。

その後カナン(パレスチナ)に落ち着きますが、紀元70年にはローマ帝国により亡国の民に陥れられ、以後2000年間各地を流浪します。

1492年、スペイン王は600年にわたるイスラーム支配を打破し、イスラーム教徒に続き、ユダヤ教徒追放令をだします。
この事例でもわかるように、ユダヤ人はいつ国外追放になるかもしれません。
その際には、土地や建物は捨てていくしかありません。

持っていける財産といえば、知識です。
ユダヤ人は、いつ移動することになってもいいように、ふだんから知識という財産を心血を注いで子供の頭に入れ込みます。

ヘブライ(Hebrew)とは、ユダヤ人のことですが、「流浪の民」といった意味もあります。
流浪の民にとっては、「頭脳が財産」です。

◇                    ◇                    ◇

ノイマンはユダヤ頭脳の典型です。

ノイマン(Neuman、 1903年 - 1957)は、コンピュータという新大陸を発見しました。

いま私達が使っているコンピュータは、ノイマン型コンピュータとよばれます。
ノイマンは「コンピュータの父」です。

1930年アメリカにわたり、プリンストン大学高等研究所で研究に従事します。
アメリカが世界一のコンピュータ大国に成長したのは、ノイマンのおかげです。

ノイマンはハンガリーからアメリカへ移住したユダヤ人です。

ノイマンは小さい頃から神童と呼ばれ多くのエピソードを残しています。

・6歳のとき、電話帳を使い8桁の割り算を暗算で計算した。
・8歳の時には微積分法を、12歳の頃には関数論を理解した。
・計算式に、フェルミは大型計算尺で、ファインマンは卓上計算機で、ノイマンは暗算で挑戦、ノイマンが最も速かった。

(【cf.】ベネトン小樽店・鈴木創(はじめ)

◇                    ◇                    ◇

http://goo.gl/h5j1d
数学者で大道芸人のピーター・フランクルもハンガリー出身のユダヤ人です。

フランス大統領サルコジも、トニー・カーチスも同様です。

フォン・ノイマン ウィキペディア

◇                    ◇                    ◇

日本の資源は、人間のみです。
ユダヤの子育て、教育法を見習う必要があります。

0 件のコメント: