2012/04/15

ユダヤ人の教育は暗記教育


http://goo.gl/63Qhd
人口1500万に満たないユダヤ人はノーベル賞を180人が受賞しています。
受賞全体の3割です。

◇                    ◇                    ◇

ユダヤ人の幼児は家庭で、寺子屋で、祈祷書(きとうしょ)の音読を教えられます。

テキストの意味は無視して、ただ暗唱できるようにするのがねらいです。
これによりしっかりと容積の大きい記憶回路ができあがり、膨大な情報を脳に注入できるようになります。

ヘブライ語でミシュナー(mishnah)とは、「勉強」のことですが、「反復」をも意味します。

テキストを、暗唱できるまで目で読み、口で唱え、耳で聞いて何度も何度も執拗に粘り強く繰り返すことが、ミシュナーです。

食後に祈祷を唱え、週1回の安息日には長い祈祷書を朗読します。
同じテキストを毎週、毎月、毎年反復するので自然に暗唱してしまいます。

ユダヤ人は、一生を通じて学問をするように教えられます。
どんな職業についていても、暇を見付けては祈祷書、聖典に親しむようにすすめられます。

ユダヤ教の教えの書『タルムード』でも、

    生涯にわたってまなびつづけなさい

と教えています。

◇                    ◇                    ◇

幼児には百人一首や名文の丸暗記が効果的です。

自由作文で好きなことを自由に書かせるのはよくありません。
自己流の悪い癖がつくだけです。

名曲を鑑賞させるのと、基礎もないのに作曲させるのとの違いです。

バイオリン、スケートなどは、3歳までに習わせます。
箸や鉛筆の持ち方、座り方も強制します。
子供の意志は無関係です。
幼児教育に自主性はありません。
 <*  自主、自由であるように思わせることは、有効です。>

記憶力は70、80になっても訓練次第でおとろえません。
新しい語学をマスターすることも可能です。

心理学者のブルンウィックは、12、3歳ころまでは「機械的記憶法」が最も適しているといっています。

機械的記憶法とは、詰め込み教育のことです。

それ以上の年齢になると「図式的記憶法」 が、また15、6歳以上になると「論理的記憶法」 が有効だとしています。



1 件のコメント:

Jacob さんのコメント...

1985 Oldsmobile Toronado AC Compressor
It was very interesting for me to read that blog. Thanks the author for it. I like such topics and everything that is connected to them. I would like to read more soon.