2013/04/06

蓮馨尼:蓮馨寺(れんけいじ)の開祖

蓮馨寺境内  (※)

蓮馨寺の開基(世俗の創建者)は、小田原出身の蓮馨尼(れんけいに)です。
蓮馨尼は、大道寺政繁の母、異説では叔母と言われています。

蓮馨とは、「極楽浄土の蓮の香り」のことです。
極楽浄土には阿弥陀仏がいます。

蓮馨尼は、1549年徳川家康が幕府を開く50年も前に、蓮馨寺を現・上尾市に創立し、英才のほまれ高い甥の存貞(ぞんてい)を開山(初代僧侶)としました。
存貞(ぞんてい)も、蓮馨尼(れんけいに)と同じく、後北条氏の系統です。

寺はのちに、河越城の城代となった大道寺政繁が、現在地に移します。

蓮馨寺墓域には蓮馨尼の供養碑、板碑があります。
川越の西雲寺(さいうんじ、丸広前)も同宗に属し蓮馨寺を支えました。

熊野神社もかつては蓮馨寺の守り神で蓮馨寺に所属していました。

(※)http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/renkeiji/