2013/04/17

小栗上野介:アメリカにはじめてNoと言った男

(※)NDL
- 小栗上野介 おぐりこうずけのすけ 1827- 1868、42歳 -

1860年、遣米使節団のリーダーとしてアメリカに渡りました。
32歳でした。

サンフランシスコで勝海舟らと別れ、サンフランシスコからパナマ運河を経て、日本人として初めてアメリカ大統領に会いました。
不平等条約の撤廃を交渉しました。
地球を一周して帰国しました。

日本初の株式会社を設立しました。

日本の近代工学の源、横須賀製鉄所を建設しました。
明治政府の殖産興業の模範となりました。

有能なこともあり、70数回職務を変わりました。

薩長への主戦派の代表です。
勝海舟の和平論に敗れ、1868年引退しましたが、高崎市で斬首されました。



大隈重信
「明治政府の近代化政策は、小栗上野介の模倣にすぎない。」


小栗上野介、日本の近代工学の源 【12】



小栗上野介 東善寺

小栗上野介と横須賀 横須賀市

0 件のコメント: