2012/01/03

平清盛:平安末期に武家の世をひらく

source:『天子摂関御影』。宮内庁三の丸尚蔵館
―1118年- 1181年3月20日、満63歳  ―

平清盛は、保元の乱を経て、平治(へいじ)の乱で源氏をおさえて、有力となり、最高の位・太政大臣に登りつめます。

1156年の保元の乱は、皇位をめぐる宮廷内のちっぽけなあらそいです。
後白河天皇方と崇徳上皇方があらそいました。
両グループとも、平氏、源氏の武士に加勢をたのみました。

後白河天皇方が勝利しました。
後白河天皇についたのは、平清盛、源義朝でした。
この乱により、公家の世は終わり、武家の世が来ることになります。

武家の世を日本で始めて開いた英雄が、平清盛です。

この時から死罪も登場します。
公家政治の時代には、死刑はありませんでした。

1159年の平治の乱は、平清盛と源義朝との京都でのたたかいです。
平清盛が勝ち、源義朝は殺され、息子の頼朝は伊豆へ流されました。
清盛は、頼朝を助命しました。
自分の父の後添い・池ノ禅尼の嘆願を入れてのことでした。

平清盛は政治の実権をにぎり、貴族政治を踏襲します。
このあと「にわか公家」・平氏一門の官位が急上昇します。

清盛は、のちに後白河上皇と対立し、院政をやめさせました。

1167年、太政大臣になります。

清盛が思うがままの政治をおこなうので、「平家にあらずんば、人にあらず」といわれる平氏一色の世の中になります。 

1168年、満50歳の時、熱病で生死の境をさまよいます。
出家します。
厳島神社を造営します。

清盛は、近畿から、中国、九州の西国に影響力を持っていました。
西国を基盤に、対宋貿易、海上交通に積極的にとりくみました。
茶、陶磁器、生薬などを輸入しました。
宋との貿易のもとでになったのは、奥州でとれるようになった金でした。
対宋貿易は、父の時代からおこなっており、利益を宮廷へみついでいました。

1171年、平清盛は、娘の徳子(とくこ、建礼門院)を、高倉天皇の后にしました。

高倉天皇は、清盛の操り人形です。
7歳で即位し、20歳で退位し、翌年なくなりました。

1180年、娘・徳子の子・安徳天皇を即位させました。

1180年、神戸へ都を移しますが、半年ほどで平安京に戻します。

平治の乱のほぼ20年後、源頼朝が1180年伊豆で旗揚げします。
富士川の戦いでは、20万の大軍を集め、平家軍を戦わずして敗走させました。

各地で源氏が挙兵するさなかに、平清盛は感染した熱病でなくなりました。
遺言は「伊豆の流人、頼朝の首をわが墓の前におくべし」でした。

1185年、平家は壇ノ浦でほろびました。

*     *     *

★ 平清盛、西行は同年の1118年生まれです。

★ 平清盛は、平忠盛の長男で、伊勢の津で生まれました。

★ 平清盛は白河法皇の落胤との説も

★ 平氏の政権はなぜ短命?

経済力はもっていましたが、武士が世の中を動かすことがわからず相変わらず貴族政治を続けたからです。

平氏の政権は20年足らずで終わりましたが、源氏の政権は100年以上も続きました。
公家の京都から都を移しました。
政権の基盤を、公家ではなく、武士に置きました。

*     *     *

★ 平氏も源氏も祖先は皇族

平氏は、祖先は皇族です。
桓武(かんむ)天皇の血を引く桓武平氏が有力です。
桓武天皇の時代に臣籍降下したので桓武平氏とよばれます。
川越の河越重頼も桓武平氏の傍流・秩父平氏の一族です。
河越重頼
源氏も、祖先は皇族です。清和源氏が有力です。
皇族は、姓をもっていません。臣籍降下して姓を持つようになります。

*     *     *

NHK大河ドラマ「平清盛」  BS3:18時、NHK総合:20時、オンデマンド
人物相関図
平清盛年譜
【動画】

観光スポット
・京都
・神戸: 都を移そうとしたところです。
・山口市、壇ノ浦: 源平合戦
・広島県廿日市市、宮島の厳島神社:平清盛が造営

人物百科のページ