2018/03/16

修善寺温泉は伊豆半島一の観光スポット






修善寺温泉は、伊豆半島で最も歴史がある温泉で、日本百名湯に選ばれています。

弘法大師・空海が掘り当てたといわれる温泉です。
ただし、宗祖・空海の名を借用した高野聖(こうやひじり)であったかもしれません。

【※】弘法水(こうぼうすい)
弘法水(こうぼうすい)の伝承をもつ場所は日本全国で1500件以上あります。弘法水はカルシウム濃度が高い傾向にあります。これを飲む地域は長寿である傾向があります。

岡本綺堂の『修禅寺物語』がよく知られています。
川端康成の出世作『伊豆の踊子』も有名です。


修禅寺の大門より

修禅寺
禅寺の「修寺」は「禅」、地名の「修寺温泉」は「善」と記します。

映画「空海」で話題なのか、中国観光客で付近はいっぱいでした。

修禅寺は、807年、弘法大師に依って開創されました。今は曹洞宗の禅寺となっています。

修禅寺 交通案内


源頼家の墓
源頼家のもう一つの墓
修禅寺の対岸に「独鈷(とっこ)の湯」があります。
修善寺温泉発祥の湯です。

「独鈷(とっこ)の湯」の上方に「指月殿」があります。
北条政子が息子・頼家の冥福を祈ったところです。
指月殿のなかに源頼家の墓があります。

源頼家の墓の裏にもうひとつ墓があります。つくった当時のみすぼらしい墓です。

源頼家は、 頼朝の息子で、2代将軍でした。
源頼家は、北条氏によって2代将軍の座を奪われ、修禅寺に幽閉され、21歳で暗殺されました。
(これにより北條氏をおびやかす武蔵・比企一族は全滅しました。源義経の妻(川越出身)も比企一族でした。こちらの家系も滅亡しました。)


・・・・・・・・・・・

わさび ごはん
ごはんに わさび、たれ だけで、「わさびごはん」の出来上がりです。
富士山の伏流水でできる わさび が、品格を感じさせます。


修禅寺散策マップ




・・・・・・・・・・・

天城山心中の舞台

修善寺温泉の南方に天城山があります。
「天国に結ぶ恋」 と報道された天城山心中の舞台です。
1957/12/10  のことです。
愛新覚羅慧生(あいしんかくら えいせい、19歳)は、
清国12代最後の皇帝・旧満州国の皇帝でもあった愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ)の姪です。
学習院大生のふたりがここで心中しました。







*穂積五一(東大の憲法学者・上杉慎吉の私塾・新星学寮・アジア文化会館 の寮長かつ先生)に、  慧生が最後の手紙を渡します。




コメントを投稿