2011/09/13

細川ガラシャ(お玉、1564ー1600、36歳)



― 明智光秀の娘、自害 ―

1600年、石田三成は、関ヶ原の役に備え、
大阪在住の東軍諸将の家族を人質にすることにしました。

細川忠興(ただおき)の留守邸が第1号でした。
<* のちに細川忠興は、熊本藩の初代藩主となります。 > 

細川ガラシャは、人質の要求をはねのけ、自害しました。
細川邸は灰燼に帰しました。

明智光秀の娘・細川ガラシャと織田信長の妹・お市は、
・当代の美女であり、
・居所(城、邸宅)を焼いて、
・非業の死を遂げました。
・ともに36歳でした。


ガラシャとは、英語ではgrace(優雅)となります。

細川ガラシャ 書状 流麗(りゅうれい)