2017/11/10

渋沢栄一・日本の資本主義の父。11月11日命日。Eiichi Shibusawa

渋沢栄一・日本の資本主義の父。11月11日命日。Eiichi Shibusawa

【※】渋沢栄一史料館

渋沢栄一(しぶさわ えいいち。1840- 1931)は、日本の資本主義の父とよばれます。埼玉県深谷市の大地主の家に生まれました。

幕府の使節とともにフランスにわたり見聞を広めました。
1873(明治6)年に,実業界に入りました。
日本最初の銀行・第一国立銀行,王子製紙など多くの近代的企業の創立と発展につくしました。

名言
「全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。

日本の資本主義の父「渋沢栄一翁」 【3+】

実業界の父~渋沢栄一~ 【12+】


渋沢 栄一:志実現を中断し、旧主・旧臣の救済に 

渋沢栄一 記念館。深谷市 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

Eiichi Shibusawa  is called Father of Japanese capitalism.
He was born in Fukaya city, Saitama Prefecture.

He went to France with the envoy of the shogunate.
He gained knowledge of European industries and systems.

In 1873 (Meiji 6), he entered the business world.
He has made a number of modern enterprises such as Daiichi Kokuritsu Bank, Oji Paper Co., Ltd.
コメントを投稿