2017/11/06

ド=ゴール De Goal 、11月9日命日。フランスの軍人、政治家

ド=ゴール、1970年11月9日命日。フランスの軍人、政治家

シャルル=ド=ゴール(1890〜1970)は、フランスの軍人、政治家です。
第二次世界大戦中,フランスがドイツ軍に侵攻された時、ロンドンに亡命して自由フランス政府を樹立して、抵抗をよびかけました。

1944年に解放されたパリにもどりました。
1958年には大統領となりました。
1962年植民地のアルジェリアを独立させました。
1969年に辞任するまで,フランスをヨーロッパの中心の大国とする政策をつらぬきました。

身長は196センチでした。

歴史人物伝 「ド・ゴール」倉山満  【20+】

「わたしは失敗に慣れている。」 【2+】
「わたしは失敗に慣れている。
人生に失敗はつきものです。
一度の成功の裏には、何倍もの失敗があります。

・・・・・・・・・・・

Charles De Goal (1890 - 1970) was a French soldier, politician.
During the Second World War, when France was invaded by the German Army, he exiled to London and set up a free French government and called for resistance.

In 1958 he became the president of France.
In 1962 he made the colonial Algeria independent.

Until he resigned in 1969, he tried to make France a major power in Europe.

0 件のコメント: