2011/11/13

山本五十六:連合艦隊司令長官

source:近代日本人の肖像

★ 山本五十六語録

「やって見せ 

言って聞かせて

させてみせ、
  

褒(ほ)めてやらねば   

人は動かじ」

 <*  体罰なしの元祖・山本五十六>

◇                    ◆                    ◇

父が56歳の時に生まれました。
母も45歳でした。

◇                    ◆                    ◇


山本五十六(いそろく、1884 - 1943、59歳)は、1919年から2年間、アメリカのハーバード大学で学び、その後米国駐在員に任命されました。
アメリカの実力をよくわかっていました。

◇                    ◆                    ◇

油田、エネルギーに強い印象を受け、見学に出かけています。
後年、同じ地の田中角栄は、山本五十六の影響もあり、米国石油メジャーの傘下から日本を解き放つべく、ロシア、中東などと独自の資源外交を展開し始めました。


◇                    ◆                    ◇

1934年には、ロンドンで開かれた米・英・日・仏・伊5か国による「海軍軍縮会議」では日本代表になるなど、しだいに日本海軍の中枢を担うようになっていきました。

日独伊三国同盟に反対しました。

1939年に55歳で連合国艦隊司令長官に任命された山本五十六は、日本がアメリカと戦うことにはあくまで反対でした 。

しかし、連合艦隊司令長官は、現場監督のようなもので、「アメリカと戦争をする」という軍令部の指示に刃向かうことはできませんでした。

軍令部は、山本五十六を連合艦隊司令長官に任命することで、戦争の是非論に口出しできないようにしました。

山本五十六は真珠湾攻撃も指揮しました。

1943年、飛行機で前線を視察する途中に暗号を解読され、撃墜され、戦死しました。

日本軍の情報は、アメリカにつつぬけでした。
日本、日本軍の恥辱です。
このことの総括はまだなされていないようです。
責任をとった人もいません。
 <*  戦争の総括もなされていません。>

農耕民族は、情報活動に重きを置きません。
上層部に見られる傾向で、組織の存続にかかわります。

*     *     *

★ 日本は情報軽視

日本の情報軽視は今に至っています。
西欧では諜報活動は立派な職業です。
「むかし、CIAで働いていたよ」と淡々と話すアメリカ人もいます。

サマセット・モームも諜報員でした。

エシュロン

◇                    ◆                    ◇

★ 常在学習  常在戦場

常在学習の時代   山本五十六は「常在戦場」とよく揮毫(きごう)しました。
越後・長岡藩に手あつい会津人
川越の軍人:川越市護国神社

*     *     *

連合艦隊・司令長官  山本五十六「国葬」へ
山本五十六  長~いテキスト。ウィキペディア