2011/11/27

サマセット・モーム。作家で秘密諜報員。1965/12/16、91歳。 Somerset Maugham

―  作家で秘密諜報員 ―

(1874年 - 1965/12/16、91歳)


サマセット・モーム(Somerset Maugham)は、小柄でどもりでした。

内気な性格でもあり、フランス育ちのためフランスなまりの英語のために、エビ足のために、級友にいじめられ、悲惨な学校生活を強いられました。

母と父は、10歳までに死んでしまいました。
英文壇での評価は通俗作家でした。

超エリートの兄とは犬猿の仲でした。
兄の613ページにわたる自叙伝には、モームのことは、ほとんど記されていません。

 これらのことが相まって、とくに同性愛だったことがコンプレックスとなって、モームに作家の道を、ひいては諜報員の選ばせました。

秘書二人が、生涯にわたって、同性愛の相手役をつとめました。
この時代には、同性愛は猥褻罪で禁固刑や国外永久追放でした。

オスカー・ワイルドは、ホモであることを、公言して、禁固刑に処せられました。

スパイになるには、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語が話せたことも有利でした。

ルーズベルト大統領がCIAを設置する際は、モームはアドバイザーにもなりました。

1919年から26年にかけて、東南アジアを精力的に旅しましたが、それは、ABCD対日包囲網構想のもとに、大東亜共栄圏構想を封じるための事前工作でした。

イアン・フレミングの『007』のモデルは、モームであるといいます。
モームは、下の過程で、ボンドなみに死地を乗り切っています。

  • スイスでの諜報活動
  • 南太平洋での諜報活動
  • レーニン革命阻止作戦
  • ABCD対日包囲網構想の下調べ
  • ナチス・ドイツに対する諜報活動
  • フランス脱出
  • 米国での反ナチ活動
モームの作品は、諜報活動の副産物です。

シンガポールのラッフルズホテルに長期滞在しました。タイのオリエンタルホテルも諜報活動の舞台でした。

1919年に『月と六ペンス』で人気作家となりました。やさしい文体と物語りの妙で有名でした。
モームは面白い作品こそが自らの文学であると言っていました。

わたし(桑原政則)の受験時代(1960年代)の長文問題は、バートランド・ラッセル、オルダス・ハックスリー、サマーセット・モームから出されました。

月と6ペンス 【5+】

名言
「成功の大部分は、訓練の賜物である」
                              
*     *     *
【cf.】
 田中一郎、『秘密諜報員 サマセット・モーム』河出書房新社

モーム『人間の絆』講談社文庫、自叙伝的小説
モーム『アシェンデン』ちくま文庫、秘密諜報小説
モーム『月と六ペンス』講談社文庫(画家ゴーギャンの伝記、月は芸術で六ペンスはカネのこと)

・・・・・・・・・・・

Somerset Maugham was a short and stuttering person.

He was also a shy personality and because he was brought up in France, he was bullied by her classmates for  his Frencha and the shrimp legs.
It forced him to send miserable school life.

Mother and father died by the age of 10.
His elder brother was a super-elitist.
In his brother's 613-page autobiography, there is little mention of Somerset Maugham.

Together these things, especially homosexuality, became a complex, which allowed Somerset Maugham to select the path of the writer and eventually an intelligence agent.

Two secretaries acted as partners of homosexuality throughout their lives.
In this era, homosexuality was imprisonment for obscenity and was a prison sentence and foreign permanent expulsion abroad.

Oscar Wilde professed to be homo and imprisoned.

Speaking French, German, Spanish and Italian worked favorably for him.

When President Franklin Roosevelt set up the CIA, Somerset Maugham also became an adviser.

From 1919 to 26 he traveled vigorously in Southeast Asia, which was a preliminary work to seal the Greater East Asia Co-Prosperity Concept under the concept of ABCD against Japan.

Ian Fleming's "007" model is said to be Somerset Maugham.


  • Intelligence activities in Switzerland
  • Intelligence activities in the South Pacific
  • Lenin Revolutionary Operation Strategy
  • Understanding of the concept of ABCD against Japan
  • Intelligence activities against Nazis · Germany
  • Escape from France
  • Anti-Nazi activity in the United States


His work is a by-product of intelligence activity.

He stayed in Singapore's Raffles Hotel for a long time.
Oriental Hotel in Thailand was also a site for intelligence activities.

In 1919 "Moon and Six Pence" became popular writers.
Ht was famous for its stylistic style and narrative easy style.
He said that "interesting work" is his own literature.

In my(Masanori Kuwabara)  examination era (1960 's) ,
long sentences from Bertrand Russell, Oldas  Hucksley, Somerset Maugham were asked.