2014/03/12

養寿院で晋山式(しんざんしき)。2014/03/29

山梨県長昌寺の晋山式。2008年

養寿院と 2014/03/29晋山式のルート   出典 養寿院

曹洞宗の養寿院では、2014年3月29日、晋山式(しんざんしき)がおこなわれます。
金剛清輝・住職が、祖父、父の法灯を継ぎます。

晋山式とは、「山に晋(すす)む」こと、新住職就任の儀式です。
養寿院の山号は、青龍山です。

重要行事ですので、一番街(蔵造りの町並み)は交通規制が敷かれます。

養寿院は曹洞宗(そうとうしゅう)で禅宗に属します。
「只管打坐」(しかんたざ、ひたすら座禅)を旨とします。

川越の72の寺院のうち、曹洞宗は22を数え、天台宗の23に次ぎます。

道元が中国から伝えました。
本山は、福井県の永平寺、横浜市の總持寺の2カ所にあります。
駒澤大学、東北福祉大学、愛知学院大学、鶴見大学が系列大学です。

養寿院が属する總持寺系は、国際普及に熱心です。
アップルのスチーブ・ジョブスもシカゴの曹洞宗の禅寺で、心の拠り所を求めて、修行しました。

1591年、徳川家康は鷹狩りの際に養寿院に立ち寄り、御朱印十石を授けました。
川越では、養寿院は喜多院、蓮馨寺とならぶ御朱印寺でした。

1photo (7).JPG
河越重頼の五輪の塔

本堂左奥には、河越重頼の五輪の塔が見えます。
河越重頼の妻は源頼朝の子(頼家)を乳母として育てました。
河越重頼の娘は源義経の妻となりました。

養寿院 公式サイト
養寿院  【3+】
コメントを投稿