2017/09/24

鶯谷駅の子規庵

正岡子規の根岸・子規庵
子規庵<東京都指定史跡

子規庵



病牀六尺の舞台
正岡子規は、子規庵で、俳句の革新をめざして命を燃やしつくしました。子規庵は、旧前田侯の下屋敷の長屋でした。
高浜虚子、河東碧梧桐、伊藤左千夫、長塚節、中村不折がよく集まっていました。
夏目漱石、森鴎外、与謝野鉄幹も子規庵を訪れています。

< 漱石が来て  虚子が来て  大三十日(おおみそか) >

<  汽車過ぐる  あとを根岸の  夜ぞ長き >

享年34歳。

子規庵   【※】子規庵について  左上に MENU あり。English
    交通案内 :子規庵、笹の雪、ねぎし三平堂、書道博物館(中村不折)  鶯谷の山側は、谷中(やなか)、寛永寺。

正岡子規の未発表句 。子規庵「歳旦帳」発見 未発表5句や自画像も 

正岡子規の「子規」とはホトトギスのこと 

・・・・・・・・・・・

「プレバト」の 夏井いつき は松山市の出身。
夏井いつきの100年俳句日記

コメントを投稿