2010/09/20

梅棹忠夫 

梅棹忠夫の情報産業論 http://kuwabara03.blogspot.com/2010/09/blog-post_2372.html

『梅棹忠夫 語る』

  • 自分の足で歩いて、自分の目で見て、自分の頭で考える。これが大事や。
  • 要するに、わたしは自分で見たものしか信用しないし、他人の繰り返しはできないのや。
  • 「フロンティア」というものは間違いなく興奮する。
  • 複文というのはわかりにくい。単文の連続で書かんと。
  • 文章で一番大事なことは、わかるということ。自分もわからないくせに、そのわからない言葉を使う。それは、かざってるからや。
  • 「供給してみい、そうしたら需要がでてくる」。
  • 決断ということはひじょうに大事やな。決断して実行する。