2018/06/18

島津氏の初代・忠久は、母が東松山の比企氏

島津氏の初代・忠久は、母が東松山の比企氏

島津氏の初代は、鎌倉時代の忠久です。
島津氏は、以降江戸時代末まで29代700年近くも続いた珍しい一族です。

島津忠久は、母が比企氏でした。
鎌倉で生活しますが、有力な豪族・比企能員(ひき よしかず)の縁者であったことで、薩摩の守護に任じられました。

島津家には「忠久は源頼朝の子供」という言い伝えがあります。忠久が建てた鹿児島の花尾(はなお)神社は、源頼朝と丹後局(忠久の母〉を祀っています。(【cf.】麓 純雄(ふもと・すみお))


『探訪 比企一族』。東松山のグループが出版 


< 西郷どん

【名言】

(独り言)「島津家は、武蔵とも関係あっと。
仲良うしもんそ」

0 件のコメント: