2011/09/17

橋本雅邦:近代日本画の母


橋本雅邦 (※)
近代日本画の父を岡倉天心とすると、

近代日本画の母は橋本雅邦 (がほう、1835ー 1908、73歳) です。

岡倉天心も橋本雅邦も、酒豪でウマが合いました。

温厚篤実な橋本雅邦は、天才的で奔放な岡倉天心を助け、
近代日本画の創造につとめました。

橋本雅邦は、フェノロサにみとめられ、
岡倉天心らと 現・東京芸大初の日本画教授として
    横山大観、
    菱田春草(しゅんそう)
    下村観山
    川合玉堂
などを育てました。

また岡倉天心をたすけ、
日本美術院もつくり、画壇に大きな影響をあたえました。

橋本雅邦の父は川越藩の御用絵師でした。

川越の山崎美術館では、橋本雅邦の作品を常設しています。
山崎美術館
白雲紅樹(重要文化財)
橋本雅邦の作品【画像】

【川越】山崎美術館:橋本雅邦の作品を常設
【埼玉県外】東京芸術大学。日本美術院

(※)http://freenobel.exblog.jp/1892299/