2012/12/22

ダニエル・イノウエ:日系米人のカガミ


ダニエル・イノウエ (※1)
Go for Broke. ロスアンジェルス全米日系人博物館前にて。2001年1月
ダニエル・イノウエ(1924年- 2012年12月17日)が死去しました。

オバマ大統領は「イノウエ上院議員を見て政治志した」と葬送の辞を述べました。
共にハワイ出身です。

ダニエル・イノウエは、大統領死亡の場合には、副大統領に次ぐ序列にありました。

ダニエル・イノウエ上院議員、元首級の葬送に(NK2012/12/21)

日系アメリカ人は、貧しく、偏見と差別に苦しみながら、まじめに働き、子供たちの教育に力を注ぎました。

第2次大戦では、日本の戦争のために、はげしい差別を受けました。
家・土地はとられ、強制収容所に移されました。

ドイツ、イタリアも、その頃アメリカのでした。
ドイツ系、イタリア系アメリカ人は、家・土地をとられることは、ありませんでした。

それでも、日系の若い兵士は、
欧州戦線で果敢に戦いました。

ダニエル・イノウエの第442連隊は、合衆国史上、もっとも多くの勲章を受けた部隊でした。
Go for broke.「当たって砕けろ」が合言葉でした。

日系アメリカ人は、「勤勉」「きれい好き」「礼儀正しい」「約束を守る」といったイメージがあります。

アメリカへの忠誠を示すために、はばかって、ジャパンタウンを仰々しくつくりません。

日系米人は、白人の平均より高学歴で、高所得です。

ダニエル・イノウエなどの日系アメリカ人(Japanese American、JA)が築きあげた信頼が、日本企業のアメリカ進出の際に、陰の力を大いに発揮しました。

このことを、企業もマスコミもあまり伝えません。
政府も日系人の苦労に報いることがありません。

(※)海外の日系人
日系人は、アメリカの120万を含め、全世界に260万人しかいません。
将来の日本のためにもこの10倍はほしいところです。
若い日本人は、海外へ出かけ、海外で生き抜きましょう。

ダニエル・イノウエ ウィキペディア

第442連隊戦闘団 

マンザナー強制収容所   カリフォルニア州のデスヴァレー(Death Valley)に連なる砂漠の中。  地図

全米日系人博物館

山崎豊子『二つの祖国』

(※)
2012年に、私どもは3家族でオレゴンの日系人の邸宅をお借りしました。
80を超える老夫婦には、1987年以来お世話になっています。
蔭でそっと見ていて、窮状にある場合に、なにげなく手を差し伸べてくれます。
優雅高貴でいつもニコニコ楽しそうに人助けをしています。
その日系夫婦の一族も、営々と築き上げてきた財産を戦争で没収され、馬小屋で育ちました。


(※1)http://www.news-us.jp/article/308456758.html