2017/12/20

ホセ・リサール。1896年12月30日命日。フィリピンの国民英雄。José Rizal

ホセ・リサール。1896年12月30日命日。フィリピンの国民英雄。José Rizal

・1861/6/19-1896/12/30命日

ホセ・リサールは、フィリピンの国民英雄です。
革命家、医師、著作家、画家、学者です。
26歳までにスペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、カタルーニャ語、中国語、英語、ドイツ語、オランダ語、スウェーデン語、ロシア語、ラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語、サンスクリット語を習得しました。
また中国語、日本語、タガログ語、ビサヤ語、イロカノ語にも意欲を示していました。

1887年に『ノリ・メ・タンヘレ(私にさわるな)』(スペイン語)を出版し、激しくスペインの支配を告発しました。

35歳にしてマニラで銃殺されました。

外国人が涙した日本人の対応とは?日本とフィリピンの「歴史的な絆」  【15+】

ホセ・リサール像  日比谷公園に

【追】
マニラのリサール公園には、衛兵が24時間守っている記念碑があります。
サンチャゴ要塞には、リサール記念館があります。

・・・・・・・・・・・
Jose Rizal is a Philippine revolutionary, doctor, writer, painter, scholar.
He has learned Spanish, French, Italian, Portuguese, Catalan, Chinese, English, German, Dutch, Swedish, Russian, Latin, Greek, Hebrew, Sanskrit by 26 years of age.
He was also going to study Chinese, Japanese, Tagalog, Visaya and Ilokano.
In 1887 he published "Noli Me Tángere (Touch me not)" (in Spanish) and accused Spanish domination severely.
At the age of 35 he was shot dead by Spanish in Manila.

0 件のコメント: