2017/12/03

坂本龍馬 Sakamoto Ryoma。薩長同盟の立役者。1867/12/10命日。

坂本龍馬 Sakamoto Ryoma。薩長同盟の立役者。1867/12/10命日、31歳。

坂本龍馬(りょうま。1835- 1867/12/10)は、幕末期に活躍した土佐藩の志士です。
江戸で剣術を学びました。
藩をぬけ出して勝海舟の門人となりました。

薩摩藩の保護を受けて長崎で海運業を開始しました。

この活動を通じて,1866年に薩長同盟を成立させました。
京都で暗殺されました。

名言
「恥といふことを打ち捨てて、世のことは成るべし」

坂本龍馬の活躍 アニメ お~い!竜馬 薩長同盟 大政奉還 船中八策 暗殺 【12】

・・・・・・・・・・・

Sakamoto Ryoma was born in Kochi, the son of a country samurai.
In 1853 he became a disciple of Chiba Sadakichi , a master swordsman of the Hokushin-Itto-ryu (martial art style of fencing).
In 1862, he moved up to Edo and became a disciple of Katsu Katsu.
In 1865, he established a young men's group Kaientai in Nagasaki.
He devoted himself to the conclusion of the Satsuma-Choshu Alliance.

In 1867, he was assassinated in Kyoto together with Nakaoka Shintaro .
コメントを投稿