2011/09/24

伊達政宗から天海僧正への手紙


伊達政宗から天海僧正への手紙  2011年7月  龍興寺にて
伊達政宗が天海僧正にあてた手紙が、
会津美里町の龍興寺に残っています。

「天海殿に面談したかったのですが、
先客があるとのこと。
またお疲れのようですから、今回は帰ります。」(要旨)

伊達政宗は天海の属する葦名一族を滅ぼしました。
1589年のことです。
摺上原の戦い(すりあげはらのたたかい)

天海にとっては伊達政宗は敵です。
しかし、政宗の直筆の書状からは、恩讐を超えた間柄であったことがうかがえます。

<* 龍興寺は、2回の火災にもかかわらず、貴重文書を残しています。常に枕ものと置いておくようです。古いものは残したいものです。
断捨離の前に、せめてデジカメで保存を。>

天海僧正が出家した龍興寺

*     *     *

天海物語 目次