2015/11/05

坂上田村麻呂。東北地方を制定。Sakanoue no Tamuramaro 。6月17日没

坂上田村麻呂。東北地方を制定。Sakanoue no Tamuramaro 。6月17日没

・西暦758年ー死亡: 西暦811年6月17日没

坂上田村麻呂は、797年征夷大将軍になり、東北地方を制定しました。
エミシの拠点の胆沢(いさわ、岩手県奥州市)に胆沢城を築きました。

蝦夷(えみし)の族長のアテルイ(阿弖流為)は、自ら降伏してきました。
田村麻呂は、朝廷にアテルイを助けるように願いましたが、処刑されてしまいました。

坂上田村麻呂は、京に清水寺を建てました。
東側に「阿弖流爲(アテルイ)之碑」を見ることができます。


【名言】

(独白)「清水寺(きよみずでら)で、無実だったアテルイや蝦夷(えみし)の人々をねんごろにほおむってください」


【補足】

征夷(せいい)大将軍とは
蝦夷(えぞ、えみし)を征討する大将軍のこと。
エゾには、アイヌも入りますが、東北の朝廷に従わない言葉や風習のちがう人々のことを言いました。
源頼朝のあとは、幕府の最高司令官のことをさします。

・中央の東北差別は歴史的、構造的です。


桓武天皇の命で坂上田村麻呂は京の鬼門封じに津軽に北斗七星を配置

坂上田村麻呂の東北遠征は温暖化の結果

0 件のコメント: