2017/12/03

松平容保 Matsudaira Katamori。最後の会津藩主、京都守護職を引き受ける。1893/12/5命日

松平容保 Matsudaira Katamori。最後の会津藩主、京都守護職を引き受ける。1893/12/5命日

松平容保(かたもり。1836-1893/12/5)は、1862年、京都守護職に任じられました。

京都の治安と公武合体に力を尽くし、孝明天皇の信頼を得ました。

1864年、禁門の変で長州勢を攻撃しました。
1868年、鳥羽・伏見の戦で敗れました。
1880年、日光東照宮宮司となりました。

名言
「義に死すとも不義に生きず」

松平容保(かたもり):最後の会津藩主

忠か情かの分れ目 会津の松平容保は京都守護職を引き受ける 童門冬二 

保科正之:会津23万石の藩祖、3代将軍・家光の弟

・・・・・・・・・・・

Matsudaira Katamori moved to Kyoto when he was appointed as Kyoto shugoshoku (military governor of Kyoto).
Matsudaira earned the trust of the Emperor Komei and mainteined security in Kyoto.
He attacked Choshu troops in the Kinmon Incident of 1864.
He was a hard-liner of the Choshu expedition.
He was defeated in the 1868 Battle of Toba-Fushimi.
He surrendered when attacked by new government troops at Aizu, where he was on probation at the time.
In 1880, Matsudaira became the Shinto priest of the Nikko Toshogu Shrine.
コメントを投稿