2013/07/15

昭和天皇の弟2人は、徳川家の女性を妻に

昭和天皇には、3人の弟がいました。
    秩父宮
    高松宮
    三笠宮
です。

秩父宮の妃、高松宮の妃は、徳川家出身です。

幕末、会津は京都で朝廷につかえ、幕府にもつかえました。
朝幕の融和のために働きました。
しかし、戦後は「逆賊」の汚名を着せられました。

徳川家出身の妃は、朝幕の融和の一環でしょうか。

◇                    ◆                    ◇

昭和天皇
1901年4月29日- 1989年1月7日。身長: 165 cm

秩父宮
1902年 - 1953年。満50歳没
昭和天皇の1歳年下。
節子妃。元会津藩主・松平容保(かたもり)の六男・松平恒雄の長女
子女なし。
秩父宮勢津子: 会津と朝廷のかけ橋
秩父宮雍仁(やすひと、1902―1953、50歳)


ファイル:Bundesarchiv Bild 102-10281, Berlin, Prinz Takamatsu mit seiner Gattin.jpg
高松宮夫妻 (※)WP
高松宮  
1905年- 1987年。
妃は徳川喜久子。 徳川慶喜の孫娘
子女なし。

三笠宮
1915年- 。97歳
妃との間に5名の子女。

◇                    ◆                    ◇

2代徳川秀忠の孫は、天皇になっています。

(ごう)の系統には6将軍と天皇が