2015/05/22

5月23日、1865年。 5代綱吉が広大な犬屋敷を設置。戦国から太平へ。

1865年、5代綱吉(つなよし)は、東京・中野に東京ドーム 20個分の犬屋敷を設置しました。

生類憐(しょうるいあわ)れみの令」は、
    人々の心を戦国から「太平」へ
変革しようとした、犬公方(いぬくぼう)・綱吉の壮大な構想の一貫でした。
24年間続きました。

公方(くぼう)とは将軍の別称です。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


徳川綱吉「生類憐みの令」が発布された本当の理由、ご存じですか?  【1+】

徳川綱吉 イヌと呼ばれた男 【5.+】
   綱吉 「刀を振り回す時代は終わったんだ」。
   柳沢吉保(のちに川越藩主)に。

(画面、⚙歯車で、速度を調整。)

お犬様の天下『生類憐みの令』 【14.+】
    5代綱吉は、3代家光の4男。学問、能楽、書画を好みました。
    豊かなこの元禄時代に1日3食の時代が始まりました。

お犬様の天下『生類憐みの令』 【13.+】 【9.+】


0 件のコメント: